芸能人は歯が命はもう古い!?一般人だって歯は命です

健康保険外での歯の治療の選択肢

虫歯になったら歯医者に通いますよね。初診の際のアンケートで、治療は保険内で済ませるか、保険外も考慮するかなどの項目があるはずです。この時お金がもったいないからと、保険内のみに丸を付けるのはちょっと考えた方がいいかもしれません。保険内であれば確かに安く済みますが、審美性に関しては最低限の考慮しかされていないのです。つまり、美しい仕上がりを求めるなら健康保険内では不十分、保険外の治療が求められるのです。

白ければわからないは間違い

実は健康保険でも前歯など比較的目立つ部分の治療は白くできます。それでいいと短絡的に考えるのはやめましょう。保険で使われるのは歯科用の固いプラスチック、つまり使用によって変色する可能性が高いのです。初めは他の歯と変わらない白さでも、コーヒーやお茶などの着色性の強い食事を好んで食べることで茶色く変色してしまうのです。しかもプラスチックはその性質上、ブラッシングすればするほど傷が付き、変色が進んでしまうのです。

審美歯科も行う一般歯科がベスト

健康保険外の治療であれば、プラスチック以外でもセラミックやジルコニアなどの見た目も、使用感も良いものを選ぶことができます。もちろん保険外なので高額な治療費がかかりますが、その分きれいな見た目と機能性を手に入れることができるのです。通常の歯科でも保険外の治療もしていて、お願いすればきれいな歯にできますが、より高度な技術を求めるなら、歯科を選ぶ際に審美歯科も行う歯科を選ぶといいでしょう。これなら専門科によってより美しく、機能性にも優れた治療を受けることができます。

オールセラミックは差し歯などの人工の歯を入れる際に金属を一切使用しない処置を指します。一般的な差し歯と比べて金属部品の錆などの劣化が生じないので、口内環境を常に良好に維持することが出来ます。